アニメのギャグに関するお話

きっとツマラナイ人生を送ってきたんだろーな

そして今後もツマラナイ人生を送ってくんだろーな

と思ってしまう

アニメのギャグの批判をするヒト

何を求めてるんだろ?

 

ギャグセンスは人それぞれだよね?

ひな壇芸人のノリが好きな人もいれば

上方落語が好きな人もいるし

漫才とコントとか、そういうのもあるし

それこそ、オヤジギャグの好きな人もいるでしょ

 

なんか

そんな細かいところ気にしてる人を見ると

とても可哀想に思います

 

まあ、個人的にもっと可哀想だと思うのは

「ギャグは良かったんだけどねー」っていう人かな〜

要は話がちゃんとまとめられてないって事なんだろうけど

 

確かにわかるけど

本来、物語として

伏線回収しきれてないとか

カタルシスが中途半端とか

あまりあってはいけないのは事実だけど

それでも、

物語を見る側としての礼儀とかマナーって

あると思うんだよね

 

そういうのが分かっていない人って

簡単に言うと

オンラインゲームで「運営しっかりしろよ」

とか言ってる人とか

ファミレスでお客様=王様顔で居座ったりしてる人そのままのような気がするんだよ

「ジブンは悪くない」

って思っている人

 

迷惑かけてないでしょって態度が

実は一番迷惑かけてるんだよね

 

ちょっと本筋から外れたけど

期待外れの作品って、やっぱりあると思う

それこそ、

トッポみたいに中身ぎっしりのものから

スポンジみたいに中身スカスカのものまで

(日常系の作品は除く)

もちろん、

ギャグ良し  シナリオ良し  音楽良し

の作品がやはり出来が良い、ってなるのは分かる

 

でも、

メッセージ性って

すごく除け者にされてる感じがするんだよね

 

もちろん、スタジオジブリさんみたいに

壮大なメッセージを込めたストーリーを展開しろー!って訳じゃなくて

小さな幸せ、とか

そんなんでいいと思う

本当に必要なのは

汲み取ったメッセージよりも

メッセージを汲み取るっていう姿勢だと思います

 

面白い/面白くない

で終わってしまうには

ワンクールって、すごく長いと思うんだ

DVD借りて一気見ってパターンもあるけど

それでも合計で約5~6時間

面白くなくても

メッセージとかを得るにはじゅうぶん過ぎる時間だと思う

 

無駄にたくさんアニメを見て

面白いかどうかで評価するように

時間をドブに捨てるような生き方はしたくない

意味の無いことからも、自分なりの意味を見つけ出して自分の糧にする、

そんな生き方をしてみたいものだなぁ