私は普段から絵を描いているのですが、その中で心に残ったことがあります。

 

の「が」!

 

いつも何気なく使ってしまう「が」ですが、

この順接として使うのは少し耳当たりがよろしくない。

と言っても、きっと意識できない程の小さなものだとは思いますが。

 

文章で書く時は、わざわざ「が」を使うことはないと思います。

話している時、

特に、スピーチや面接などの緊張した場面や、ある程度決まった文章を読む時は、

どうしてもこの順接の「が」を使ってしまう。

 

耳で聞いている時は「が」が来ると「逆接か?」と思ってしまう。

 

最初の文、わざわざ一文にまとめる必要は無いのです。

的確に伝わることが何よりも大事です。

 

高2の時、先生に教えてもらいました。